プロモーションセミナー

74日(水)

① 11:30~12:15
三井住友カード

広島県には、毎年、海外から多くの観光客の方が訪れています。
そんな海外からのお客様に、滞在中、快適に過ごして頂くためにも、クレジットカードをはじめとしたキャッシュレス決済環境の整備は急務です。
今回は、クレジットカード利用データから見るインバウンドの消費動向とキャッシュレス決済環境整備の必要性をクレジットカード会社の目線で解説します。

② 12:30~13:15
日本オラクル(株)

外国人旅行者は、日本にどんなモノやコトを求めてやってきているのでしょうか。
外国人の多様な「知りたい」にAIの入ったウェブサイトで応える箱根の老舗旅館や、ソーシャルメディア上の投稿の分析から新たな観光施策を立てている札幌市など、ITを使って、多様化する外国人のニーズをとらえ、満足度の高いおもてなしを実現している企業・地方公共団体の例をご紹介します。

③ 13:30〜14:15
Vivid Creations JAPAN

シンガポールのインバウンド事情
〜現地生活者目線で考えるマーケティングとは〜

2016年の訪日シンガポール人は人口約600万人の中で36万人を記録し、日本旅行へのリピーター率も高く2012年と比較すると倍以上に増加し、インバウンド消費額自体もここ5年間で3倍以上に伸びています。昨年秋に広島⇔シンガポール便が就航し、これからますます多くのシンガポール旅行客が広島、また瀬戸内エリア、中国地方へ来ることが予想されます。そんなシンガポール市場から訪日客を誘致拡大をするためには、先ずはシンガポールの旅行者の動向、特に旅行にどんなことを求め、日本についてはどのような点に興味を持つのかを把握する必要があります。また、情報を得て市場構造を理解したとしても、実際にどのように商品やサービスのマーケティング活動をしていくか、これらは現地の目線で行うことが必要であり、現地マーケットに合った考え方と手法が存在します。現地で9年以上の日本や民間企業や自治体のプロモーションに従事している経験から、具体的にどんなマーケティング施策があるのか、またその効果など具体的な事例を紹介しながらお話しさせていただきます。

④ 14:25~15:10
handy Japan

⑤ 15:25~16:10
MATCHA

インバウンド対策に必要な考え方とは?
多言語整備など様々な対策がありますが、「今直面している課題が何か」見極めて、「フェーズやターゲットに沿った対策」を取ることによって、最大限の効果が見込めます。セミナーでは、数々の企業・自治体のインバウンド戦略をサポートしてきたタイ人インバウンド戦略部マネージャーのカオが、本当の課題の見つけ方と、それに基づくインバウンド戦略の立て方についてお話させて頂きます。

75日(木)

⑥ 11:45~12:30
ピープルソフトウェア(株)

安い早い上手い!スマホアプリでインバウンド集客!
2016年ついに200万人を超えた広島県の外国人観光客、当社では外国人多くの方がモバイル端末を持ち込んでいることに着目、スマホアプリでインバウンド対応をご提供します!音声ガイド「MUSENAVI」、集客周遊スタンプラリー、オンラインチケット購入機能を備えた「周遊アプリ」をご紹介します!

⑦ 12:45~13:30
BRICKS.

外国語でお困りの企業様に対して最新事例とあるべき姿についてご紹介を致します。
現在、国をあげて訪日旅行者の受入整備を進めています。2020年を1つの区切りとして、今後「観光産業」を持続可能なモデルとするために、AIを使ったソリューションをご紹介致します。

⑧ 15:00~15:45
e-Front

SNSの中でもグローバル展開をしやすくコストパフォーマンスが高いFacebook/Instagramを活用した海外向けダイレクトマーケティング支援プログラムのご紹介と、既に実績のある海外向けSNSマーケティングの事例として「Orochi」と「Myth Entertainments」の紹介を行います。

  • facebookでシェアする
  • ツイートする

Copyright © HIROSHIMA CONVENTION&VISITORS BUREAU